ローン滞納による住宅売却|不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう

不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう

ローン滞納による住宅売却

積み木とそろばん

住宅ローンを支払えなくなり、滞納した場合には早急に任意売却を行うことが大事です。東京は不動産相場が上昇していることで、無理をした購入も増えると予測されます。けれども収入が減るなどの予期せぬ出来事でローンを滞納することはあるものです。そこで注意したいのは、一括返済を求められる段階では自由に売却できないことです。自宅を上手く処分できても、ローンが残るケースはあるものです。そして銀行はその債権の回収コストと未返済というリスクを抱えることになります。そのために任意売却を認めないケースがあるわけです。このような時には、銀行に売却を許可された仲介業者に任意売却を任せることが大事です。東京ではそのような専門業者も多いので探すのも比較的楽です。

これから東京ではローン滞納による任意売却は増えると見られています。そこで知っておきたいのは、どのような業者に任意売却を任せるかということです。まず基本は銀行と交渉して、少しでも売却活動を行う期間を延ばしてもらえるところを探すことです。住宅を差し押さえられてしまうと、任意売却も難しくなるからです。次にローンが残った場合に売主の生活再建を考えてくれるところです。上手く売却できたとしても、多額の借金か残ってしまっては生活が苦しくなります。そこで無理のない返済計画を立てたり、場合によっては債務を圧縮してくれる業者に頼めれば後の生活が楽になります。東京にはそのような経験が豊富な業者が多いので、探してみることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう All Rights Reserved.