土地の貸し借りのポイント|不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう

不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう

土地の貸し借りのポイント

相談

現代社会は、様々なものや権利の「貸し借り」で成り立っています。お金はもちろん、コピー機やPCなどのオフィス器具。テナントなどさまざまなものの貸し借りは、現代社会で欠くことはできません。土地も当然貸し借りの対象となります。土地を借りるということは、「法律的には借地権を設定した」という形で表現されます。つまり、土地の所有者と、土地の借り手が合意して、土地を借りて利用する権利を発生させたということを「借地権を設定した」と表現します。借地権は、現代社会で企業活動から個人の生活まで必須の権利です。狭い日本の国土で、土地を所有することができる人や会社は限られます。そのため、土地に借地権を設定して利用するということが、現代社会では必須となっています。現代社会は貸し借り社会といっても過言ではありません。

先に述べたように、この借地権は、非常に重要な権利であると同時に、取り扱いが厄介な権利でもあります。例えば、借地権を他人に譲り渡すことは許されるのでしょうか。また、どのような手続きが必要なのでしょうか。さらに、借地権を相続した場合、税金はどうなるのでしょう。あるいは、土地所有者から借地権が設定されている土地を買い取って欲しいという話などもありかもしれません。このような厄介な場合には、やはり専門家に相談することが重要となってきます。借地権をめぐる相談は、内容によって相談する専門家が異なります。例えば、借地権の存否などトラブルとなっていれば、弁護士や司法書士です。一方で、譲渡であれば行政書士や司法書士が適切です。また、税金の相談なら税理士です。このように相談内容によって、相談相手を変えることがポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう All Rights Reserved.