スムーズかつ高く売る方法|不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう

不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう

スムーズかつ高く売る方法

お札と家

不動産会社を1社に絞る

スムーズに不動産売却をするためには、媒介契約を締結する不動産会社を1社にだけ絞ることが重要です。中には複数の不動産会社と媒介契約を締結する方もいらっしゃいますが、多くが不満の残る結果になってしまっています。なぜ1社にだけ絞ることが重要なのでしょうか。複数の不動産会社と一般媒介契約を締結すると、不動産会社同士を競わせることが可能です。しかし、不動産会社にとっては不安定な契約であるため、売却活動の取り組みが希薄になる恐れがあります。また、専属専任媒介契約や専任媒介契約を締結した物件を優先的に取り扱うため、購入希望者すら現れない可能性があります。その他、一般媒介契約では業務報告義務がないため、売主は不動産売却の進捗状況を把握することが難しい面があります。

安定した契約を結ぼう

一般媒介契約に対し不動産会社を1社にだけ絞る専属専任媒介契約や専任媒介契約であれば、不動産会社は優先的に購入希望者に物件を紹介します。また、3ヶ月の契約期間内は安定した契約であるため、取り組みの密度が高まるのも魅力です。その他、専属専任媒介契約であれば1週間に1回以上、専任媒介契約であれば2週間に1回以上の業務報告が宅地建物取引業法により義務付けられており、不動産売却の進捗状況を正確かつ早期に把握可能です。より高くよりスムーズに不動産売却を行うためには、不動産会社を競わせる一般媒介契約は不利となってしまうのです。専属専任媒介契約と専任媒介契約のどちらを選択すべきかは、買主と直接売買契約を締結する可能性があるかを基準にするといいでしょう。専属専任媒介契約では直接買主と売買契約はできないため、トラブルになる恐れがない知人や親戚が買主となる可能性がある方は専任媒介契約を選択すべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 不動産売却をもっとお得に|知識をつけて土地を高く売ろう All Rights Reserved.